子豚の嫁探し

3ヶ月毎に嫁を探す豚野郎です。

2013Q2新作アニメ紹介

4月下旬、今期1話と2話の録画データを誤って削除してしまうという災難に見舞われましたが、私は元気です。視聴自体は済んでいましたし、精神的ダメージは少なめにできました。でも悔しい…。

では、今期(個人的お気に入り)新作アニメ紹介です。ネタバレ等は含みません(たぶん)。

はたらく魔王さま!

f:id:tydk27:20130522144433j:plain

別世界の勇者と魔王が笹塚に住み、そこで働きながら庶民的な生活を送っていくという物語です。日本にやって来た魔王軍側には主夫やニートがいたり、現代日本の若者たちを具現化したような感じになっています。なるほど風刺作品か。悪逆非道の権化ともいえる魔王という存在がなぜ普通に生活しているのか、今後の展開が気になります。
OPの件については忘れましょう。それに、今作OPにおける氏のコンテ演出も良い感じですしいいんじゃね?それよりも本編だ。勇者と魔王の物語は今年Q1にもありましたし、2013年定番の組み合わせなのでしょうか。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

f:id:tydk27:20130522144440j:plain

高校の入学式当日に事故に遭い入院、根っからのぼっち気質も相成って、退院後の学校生活では完全に浮いた存在になっている主人公。建前を隠さずに本音で相手とぶつかろうとする謎めいた女の子や、なぜか主人公のことを気にしてツンツンした態度を取るビッチ風な女の子、彼女たちと主人公のラブコメ物語です。
主人公の性格に注目です。ぼっち特有の世の中を斜めに捉える言動、他人と関わることによって他人を不幸にさせてしまうのではないかという自虐を超えたぼっち価値観。経験者なら非常に共感できる主人公ですね。そうコミュニケーションの難しさと面白さの両方が丁寧に描かれた作品。

ゆゆ式

f:id:tydk27:20130522144450j:plain

地味に久しぶりなきらら系作品。女子高生3人組の百合、のようで実は友情というテーマに比重がかかったゆったりまったりな作品です。確かに限りなく百合に近い友情ではあるけども、百合ではないんです。高校生活あるあるな、馬鹿らしくも青春らしい、そんな日常を思い起こさせてくれます。
おすすめは3話。原画作監にデスランこと小嶋慶祐氏が参加しており、氏の仕事ぶりも相変わらず良くて作画ファンにはGJな出来であります。しかしこのヒロイン3人組、引くところは引くし、突っ込むところは突っ込むなど、「行き過ぎた人間関係」を抑えようとするリアルな友人関係が上手く表現できていると思います。

銀河機攻隊マジェスティックプリンス

f:id:tydk27:20130522144500j:plain

成績最底辺、落ちこぼれとして評価される男女5人の若者が、なぜか地球を救うヒーローとして敵と戦っていくことになるという物語。しかし、だからといって毎回の戦闘で勝利できるわけではなく、敗北もあれば戦略的撤退も強いられたり、期待からの失望という意味でマスコミから批判されたりと、現代にあるあるな社会で過ごしています。
ヒーローってのは決してカッコいいものじゃないんです。『TIGER & BUNNY』でもそうでした。異性に求婚することしか脳のないヒーローや、緊張するとすぐに胃が痛くなるヒーローがいてもいいじゃないですか。ちょっと抜けているところもあるけどやるときはやる。だからこそ僕達は彼らに励まされるし、応援したくなるのかもしれません。

翠星のガルガンティア

f:id:tydk27:20130522144508j:plain

宇宙から地球にやって来た主人公とロボット。しかしその地球は今のそれとは異なり大陸が存在しない海だけの世界で、複数の船舶を連結させた巨大な都市で暮らす地球人たち。そんなファンタジーな世界で繰り広げられる人間と人間の出会い、そして主人公が自分の生きていく意味を見出そうとする物語です。
個人的な感想ではありますが、世界観が素晴らしい。予告の時点から心惹かれていたのですが、実際に視聴して心奪われました。『亡念のザムド』とか好きな人には堪らない作品ではないかなぁと思いますがどうでしょう。他者と関わることの難しさ、互いの価値観の齟齬、自文化中心主義。今の日本に必要なのはこういう作品かもですね。

断裁分離のクライムエッジ

f:id:tydk27:20130522144527j:plain

髪を切ることに快感を得るロリコン変態お兄さんと切れない髪の毛を所有するょぅι゛ょのお話。どこにでもいる平凡な男子中学生である主人公は、しかし、自身の持つ「異常」ともいえる性癖に苦悩する日々を送るのですが、そのおかげでとある美幼女と出会い、共に謎の戦いに巻き込まれていきます。
第1話は非常にテンポが良く、約23分間、全く飽きずにグイグイと惹き込まれました。主人公の変態っぷりがまた堪らないのだけど、でも僕たちも彼の性癖と似たようなそれを持っているわけで、なんとなく共感できて憎めない展開となっております。やはり突飛なストーリーは観ていて楽しいです。

その他とかいろいろ

『惡の華』や『進撃の巨人』といった超ビッグタイトルについては、今さら語るほどのことではないので省略です。ヒロインが超絶美少女の『RDG』や、吉原達矢監督で貞方希久子キャラデザ総作監の『波打際のむろみさん』や、謎ギャグ作品の『絶対防衛レヴィアタン』や、『ぱにぽにだっしゅ!』ぶりとなるような気がしなくもない蟹アニメ『あいうら』などなどの新作に加え、『俺妹』『とある科学の超電磁砲S』『這いよれ!ニャル子さんW』といった2期もチェック必須でございます。

にしても、今期も美少女多すぎて困りますわ。誰を選べばいいんですかねぇ()